基礎工事の作業工程

美しく問題のない基礎を目指すあなたへ! 基礎工事の工程を解説します

木造住宅の基礎工事は述べ2週間ほどの工事です。

この記事では住宅の基礎工事がどのように進行していくのか?を日にちごとに解説します。日にちごとに参考になる記事へのリンクも記載してありますから気になった部分をチェックしてみてください。

 

基礎と言うものはとても大切なものです。家全体を支える役目であり、不同沈下などが起こらないように地盤調査のデーターをもとに工法を選択し施工します。

建築士
いくらかっこいいデザインの住宅でも、基礎がしっかりしていなければ満足のいく「住まい」とはなりません。

基礎は地味な部分でもありますが、満足のいく住宅とするためには手を抜いてはいけません。そしてコンクリートを打設して完成した基礎は、内部が問題ない基礎かなんて容易にチェックすることはできません。

表面の見た目も重要ですが、もっと大事なのは基礎の内部です。

その「住まいにとって大切な基礎工事」がどのように進行していくのかを知っていれば、お客様自ら現場でチェックすることもできますから、基礎工事の作業工程を知っておいて損はありません。

住宅の基礎工事の工程とは?
完成したベタ基礎

では、基礎工事の作業工程を日にちごとに見てみましょう。

基礎工事(ベタ基礎)の作業工程

一般的な基礎工事の工事期間は約2週間前後です(15坪〜20坪程度の場合)

この約2週間の中には、立ち上がり部に打設したコンクリートが固まるまでの期間も含まれます。(基礎完成後の養生期間は含まれません)

しかし、コンクリートというのは気温によって固まるスピードは異なります。気温の高い夏場は早く固まり、気温の低い冬場は固まるまでの期間は長くなります。またあまりにも気温が低いときには凍結することにも注意しなければなりません。よって気温によって工程が変わることも頭に入れておいてください。

下記の工程表は標準的な工程日数で書いてあります。職人さんの作業手順、天候、気温等で工程の進み具合は変わります。

基礎工事の作業工程
  • 基礎工事1日目
    建物が建つ位置の確認
    敷地に地縄を張り、境界までの離れ寸法や方位を確認します
    関連記事

    地縄(じなわ)とは、土地に対してその家がどの位置に立ちますよ、というのを地面に縄(ひも)を張って位置出しをするものを言います。あなたが家を建築する際には必ず住宅会社に地縄を依頼して(ほとんどの場合、依頼しなくても地縄を張ると思いま[…]

    地縄が狭いと感じるのは正解です
  • 基礎工事2日目
    建築する建物の正確な位置出し
    敷地に遣り方を設置し、建物の正確な位置を出します
    関連記事

    このブログ記事は、建築士が携わるリアル現場の工程に沿って家造り工程記録を書き続ける記事です。このブログ記事(終了予定4月?)を読み続けることによって、木造注文住宅がどのように出来上がっていくのかが分かります。住宅を建てるお客様が普段見る[…]

    マイホーム計画 家造りの工程 遣り方
  • 基礎工事3日目
    掘り方
    基礎を設置する場所の地面を掘ります
    関連記事

    このブログ記事は、建築士が携わるリアル現場の家造り工程記録を書き続ける記事です。このブログ記事(終了予定4月?)を読み続けることによって、木造注文住宅がどのように出来上がっていくのかが分かります。住宅を建てるお客様が普段見ることはない画像[…]

    家造りの工程記録 掘り方
  • 基礎工事4日目
    掘り下げた地面に砕石を敷き込み
    決められた厚さの砕石を敷き込みます
    関連記事

    このブログ記事は、建築士が携わるリアル新築現場の家造り工程記録を書き続ける記事です。このブログ記事(終了予定4月?)を読み続けることによって、木造注文住宅がどのように出来上がっていくのかが分かります。住宅を建てるお客様が普段見ることはない[…]

    家造りの工程記録 砕石
  • 基礎工事5日目
    敷き込んだ砕石を転圧します
    ダンピングランマー等を使用し十分に転圧します
    関連記事

    このブログ記事は、建築士が携わるリアル現場の新築住宅の工程記録を書き続ける記事です。このブログ記事(終了予定4月?)を読み続けることによって、木造注文住宅がどのように出来上がっていくのかが分かります。新築住宅を建てるお客様が普段見ることは[…]

    家造りの工程記録。失敗しない家造りその7捨てコン打設前
  • 基礎工事5日目②
    全体に防湿フィルムを敷き込みます
    防湿フィルムを基礎全体に敷き込みます
    関連記事

    新築工事工程記録 基礎工事編その⑨「基礎の防湿フィルム」について解説します。その防湿フィルムの役目ってご存知でしょうか?何か理由があるから施工しているんですよね、きっと。でも、実はベタ基礎コンクリートの基礎では、防湿フィル[…]

    防湿フィルムとは
  • 基礎工事6日目
    鉄筋を敷き並べます
    最近はユニット鉄筋というものを使用することが多いです
    関連記事

    住宅の基礎は鉄筋コンクリート造です。決められた太さと間隔で設置された鉄筋をコンクリートで固めた構造ですね。この基礎に使用する鉄筋ですが、最近の住宅ではユニット鉄筋と呼ばれるものが多く採用されています。このユニット鉄筋でない場合は、[…]

    基礎工事のユニット鉄筋とは
  • 基礎工事7日目
    配筋検査
    基準通りの施工ができているか検査し、是正が必要な場合はこれ以降の工事には進めません
    関連記事

    住宅の基礎工事中には鉄筋の配筋検査という重要な検査があります。この配筋検査というのは、一言でいうと「設計図どおりに鉄筋が組まれているか?」 をチェックする検査です。その「設計図通り」という言葉の中には、「基礎伏図や配置図な[…]

    ベタ基礎の配筋検査
  • 基礎工事8日目
    ベタ基礎の底盤部分にコンクリートを打設
    ポンプ車等を使用しスラブに生コンを打設します
    関連記事

    新築工事の基礎で、配筋検査も無事完了したら、スラブ(底盤)のコンクリートを打設します。現場監督さんはコンクリート打設日前にこのような事に気を使います。配筋の最終チェック生コン打設時の車両配置の確認[…]

    基礎工事のコンクリート打設
  • 基礎工事9日目
    立ち上がり型枠設置
    スラブのコンクリート上に型枠を設置します
    関連記事

    先日の記事で、べた基礎のコンクリートのスラブ部分までのコンクリート打設は完了しました。次は、立ち上がり部分に型枠を設置してコンクリートを打設します。この立ち上がり部分ですが、型枠を設置した際にチェックして[…]

    基礎の立ち上がり打設前
  • 基礎工事10日目
    立ち上がりコンクリート打設
    ジャンカができないように十分にバイブを当てコンクリートを打設します。同時に天端を水平にするためのレベラーを流し込みます
    関連記事

    基礎工事における「ジャンカ」とはこういう状態になったものを言います。軽微なジャンカがある基礎立ち上がり部別名「豆板」とも言います。その字のとおりコンクリート内にある骨材(砂利)が豆みたいに[…]

    基礎のジャンカを防ぐ方法とは?
  • 基礎工事11〜14日目
    養生期間
    コンクリート強度が出るまで型枠を外さずにそのまま置きます。これを養生といいます。
    関連記事

     お客様あれ? 昨日も今日も現場に行ったけど、型枠に生コンを入れた後は誰も何もしていないのはどういうことですか! 放置状態ってひどくない?マイホームの建築中の現場には「何もしない期間」が存在します。仕事をサボって放置してい[…]

    基礎工事の養生期間はどれくらい必要?
  • 基礎工事15日目
    型枠を外します
    型枠をは外して基礎完成です。現場によってはこのあと犬走りなどの土間を打設します

基礎工事は地味な工事です

地味な工事である基礎工事。

しかし、これから造るあなたの家づくりの基盤となる部分です。基礎工事の途中一回でもいいですから現場に行ってチェックしてみましょう。

基礎工事の段階から現場を見ていけば、あなたの家が完成した時の喜びはより大きなものとなるはずです。

基礎工事の作業工程
最新情報をチェックしよう!
>建築士が考える後悔しない家づくり

建築士が考える後悔しない家づくり

あなたが滿足できる住まいを手に入れるために、私は記事を執筆します。私の経験が少しでも有効活用されましたら幸いです。

CTR IMG