快適な家造りには、UA値だけではなく「C値」も重要です

誰でも寒かったら窓を閉めますよね!

お客様
寒い風が入ってくるから窓を閉めます

そうなんです。空気(風)が通る穴(窓)があるから寒いんです。

風が入らないように窓を閉める

ということは、さらに家中にある「目に見えない穴」をなくせばもっと寒くなくなるという事になりますよね。極端な話、隙間がゼロであれば外の寒い空気は入ってこない。

 

この「目に見えない穴」を数値化したものが「C値」と呼ばれ、別名「相当隙間面積」と言います。相当隙間面積とは家中にある隙間面積(cm2)を床面積(m2)で割った数値です。

この数値が小さければ小さいほど隙間は小さいということになり、その家は高気密住宅ですということになります。

お客様
目に見えない穴って言われても、普通の家には隙間なんて見当たりませんよ?
そう思われるかもしれませんが、実は普通の家では隙間だらけなんです。コンセントの穴や点検口などの隙間、分電盤などの電線が通る穴などいくらでも「穴」はあります。この穴を通って外の冷たい空気が入ってくるのです。
その目に見えない穴を測定し、数値化したものがC値であるのですが、これは現場で測定して初めて出せる数値です。図面上で計算して出すことはできません。
普通の家の「目に見えない穴」をどうやって測定しているのかは、コチラの記事を参考にしてみてください。

 

なんとなくイメージ出来るかもしれませんが、この「C値」というのは、断熱性能にも関係しています。

いくら高性能なダウンジャケットを着ていても、前をがっぽり開けて(隙間を開けて)着ていれば寒く感じることと同じように、いくらUA値(外皮熱貫流率)が高い家であっても、C値(相当隙間面積)が悪く、隙間が多い家では、その高性能な断熱性能は発揮できません。

よって、UA値(外皮熱貫流率)を考えると同時にC値(相当隙間面積)も一緒に検討していくことが重要なのです。

UA値についてはコチラの記事をどうぞ。

 

では、そのC値がどれくらいの数値ならば満足出来るのでしょうか?

 

以前は5.0㎠/㎡以下であれば高気密と言われた時代もありましたが、そんな数値ではなんの意味もありません。実際に高気密住宅として満足できる数値は1.0㎠/㎡以下です。できれば0.5㎠/㎡に近づけたい。

例えば、床面積が100㎡の家でC値が0.5㎠/㎡であれば、隙間の面積は50㎠ということになります。

隙間面積が50㎠ということは、この家には約7cm×7cm角の大きさくらいの隙間しかないということになります。

家中の隙間がたったこれだけしか無いって言うことですよ。そりゃ隙間風も入ってきませんから、十分に断熱性能も発揮できるって言うことですね。

2021年4月から始まる省エネ性能の説明時に、基準のあるUA値は住宅会社が説明すると思います。しかし義務基準のないC値は積極的に説明してくれる住宅会社は少ないはずです。

せっかくの高性能な省エネ住宅を造る方は、ぜひ、家造りをしているあなたの方から「私の家のC値はいくつが期待できますか?」と聞いてみてください。

 

建築士
明確なC値の回答がない住宅会社であったのなら、その会社は断熱性能に対して真面目に取り組んでいない住宅会社かもしれませんよ。

 

LogRenoveさんの無料オンラインセミナー

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる