ゴミ箱をどこになにを置くか? 地味だけど間取りを考える際には重要です。

住宅に必ずあるもの、ゴミ箱。

間取りを検討する際に、見た目や家事動線とかいった当たり前のことは考えるのに、それ以上にもっと当たり前であるゴミ箱の位置を考えて間取りを決めないと、住み始めてからきっと後悔します。(ちょっと言い過ぎですかね・・・)

だって、ゴミ箱は決して人に見せびらかしたいものではないはずですし、本来「ゴミ」を捨てる箱です。よってきれいなものではない。生活感のない素敵なインテリアの為には、ゴミという要素を見せないことが大切です。

と言っても、ゴミ箱は地味な部材ですから、誰もが忘れがちな物体でもあります。

今回はこの「ゴミ箱」を設置場所別に見てみます。改めて考えてみると、後悔しない家造りにはゴミ箱置き場の検討は重要ですね。

目次

超重要! 生ゴミ用のゴミ箱置き場

滴る液体がポタポタ・・・嫌ですよね。これがお気に入りのフローリングに染み付いたりしたら最悪です。

またちょっとでもサボったりしたら、匂いも出てくる厄介者。それが生ゴミ。

この生ゴミ用のゴミ箱を、皆さんどこに置きますか?キッチンエリア内でしょうか?それとも外でしょうか?

キッチンエリア内に置く生ゴミ用ゴミ箱

食器棚の一部にゴミ箱を備えたものがあります。これはこれでキッチンのすぐそばにありますから大変便利です。キッチンから振り返ればそこにあるのですから。

食器棚内に設置されたゴミ箱

でも、食器棚内にあるというのをどう考えるか?

ちょっと嫌ですよね。ゴミの上に炊飯器や電子レンジ・・・まぁ気にしなければいいんですけど。

食器棚から外れたところに置けばいいのでしょうが、あまり広くないキッチンでは孤立したゴミ箱の置き方はいかがなものかと思います。スペース効率が悪い。

よって私的にはキッチンエリア内に生ゴミ用ゴミ箱は置くべきではないと思います。(仮置きならばOK!)

ディスポーザーがあれば、一番ベストですが・・・

ディスポーザーとはキッチンのシンク下に設置する生ゴミを粉砕する機械のことです。

外に置く生ゴミ用ゴミ箱

匂いがするものは外に出してしまえ!って考えは正解です。しかし、キッチンから遠い場所ではそこに持っていくこと自体が面倒臭くなってしまいます。

やっぱりベストは勝手口を設けて、ドアを開けたらそこからポイっってできる位置ですよね。雨の日にもポイってできるように屋根があればベストです。

ここ以外は考えられません。物置内にでもいいのでしょうが、きっとそこまで持っていくのが面倒になります。

よって生ゴミ用のゴミ箱は、「勝手口から出た直ぐそばの屋根のかかった場所」がベストです。

屋根のあるゴミ箱置き場

ただし、小動物に生ゴミが食い散らかされないように蓋があるゴミ箱が必須ですね。

間取り検討時に、ある程度想定しておかないと手遅れになります

とは言っても、そもそも勝手口が有るか無いかで話はまったく異なります。

勝手口あるいはそれに相当する出入り口があればすぐそこの外にゴミ箱を置けるでしょうが、そもそも何も無ければ無理な話です。玄関から出てグルっと回った裏側になんか持っていくはずがありません。

また勝手口からゴミ集積場までのルートもチェックしましょう。勝手口の真反対の方向や、家をグルっと回ってゴミ出しをするのは結構大変です。またお隣との境界までの通路があまり広くない、あるいはエアコンの室外機がある、なんて状況では、ゴミ出し作業も一苦労になってしまいます。

かさばる大きさの缶ゴミやペットボトルなどのゴミ箱置き場

缶詰やビールの空き缶、家族がのんだペットボトルの空容器はかさばるため置き場所に悩みます。潰してしまえばある程度体積を小さくできますけど、それでもある程度の大きさのゴミ箱でなければすぐにいっぱいになってしまいます。

これもキッチンエリア内に置く?

食器棚内のダストボックスでもいいですが、やはり容量が少ない。お父さんが毎日晩酌するような家庭では一週間もたないかもしれません。

これも単独で容量のある専用ゴミ箱を置けばいいでしょうが、容量を求めるがゆえに邪魔になります。

やっぱり勝手口の外がベスト?

確かに、勝手口横に置くのがベストなのかもしれませんが、家族が消費して出すゴミの量との兼ね合いが問題です。

よくありますよね? 蓋が閉まらないほど山積みになったゴミ箱。ご近所さんから見られていますよ!そのだらしないゴミ箱が。

よって消費量の多い家庭では、物置を設置して周りから見えないように溜め込むのが正解です。缶やペットボトルの集積って一週間に何回も無いはずです。ある程度の量をおける場所が重要です。

何かとゴミが出るリビングのゴミ箱置き場

いくらなんでもリビングのど真ん中にゴミ箱を置く人はいないでしょう。

部屋の片隅、ソファの横、センターテーブルの横、テレビカウンターの横など、なにかの物体の横にそっと置くスタイルがほとんどですね。

しかし、ゴミ箱というのはどうしても生活感が出てしまうものです。といってリビングに生活感はあまり出したくないし・・・

となれば、見せてもいいおしゃれデザインなゴミ箱を置くしかありません。

生活感を出さないためには、蓋のあるゴミ箱がいいですね。

いっそのことキッチン方面にしかゴミ箱を置かない方もいます。でも、いちいちキッチンエリアまでその都度ゴミを持っていきます?まず持っていきません。

ゴミはそこに置くはずです。テーブルの上に!

玄関にゴミ箱を置く。案外便利です。

玄関にゴミ箱を置いている家庭はそれほど多くは無いのではないでしょうか。ですが、玄関にゴミ箱を置くと、案外便利に活用できますよ。

宅急便などの包装を玄関ホールで開ける人は多いはずです。その包装材を捨てるゴミ箱。あるいは重要でない郵便物やダイレクトメールなど、そのままゴミ箱にポイっとしてしまえるのも、玄関にゴミ箱があれば大変便利です。

車で飲んだジュースなどの空き缶も、いちいち部屋の中にあるゴミ箱まで持ち込むのは面倒くさい。ただいまって帰ったら玄関先にあるゴミ箱にポイっ!

その他、「玄関で出るゴミ」は細かいものまで入れると、結構たくさんあるものですよね。

スツール兼ゴミ箱というプランも有り

人によって生活パターンが違いますが、なんとなく玄関付近でゴミが出ることが多い人は、玄関にゴミ箱を置いてみてはいかがでしょうか?

さらに便利にするためには、玄関からゴミ集積所にそのまま持っていけるように、ゴミ箱に行政指定のゴミ袋をセットしておけば、いちいちゴミをまとめる手間も減ります。

あっ!でもおしゃれさが大切ですよ!適当なゴミ箱では生活感丸出しです。

あわせて読みたい
玄関をおしゃれにデザインする。来客に好印象を持ってもらう玄関のつくり方。 玄関は文字通りその家の「玄関」です。つまり顔です。あなたの家に来たお客さんが必ず見るのが玄関です。ここで好印象を持ってもらえれば、たとえリビングが散らかって...

まとめ

今回は、「どうでもいい」ゴミ箱について考えてみました。でも記事にしてみるとやっぱり「どうでも良くはない」ものと思えます。

我々建築士も、打ち合わせ時にそれぞれの場所のゴミ箱置き場まではアドバイスしてませんでしたが、これからはちょっとアドバイスしてみようかな? って思いますね。

えっ?考えるのが面倒くさい?生ゴミを外に持っていくことすら面倒くさい?

そんなあなたには、家庭用生ゴミ処理機がおすすめですよ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる