MOFT Magsafe対応ウォレットスタンド

MOFT Magsafe対応ウォレットスタンドはいいんだけど、iPhone12ProMaxユーザーには?

今、売れに売れている(注文してもすぐにはこない)iPhone12用アクセサリーがあります。

「MOFT Magsafe対応ウォレットスタンド」というアイテムです。

MOFT Magsafe対応ウォレットスタンドと専用磁気マウント

 

iPhone12ProMaxユーザーの私が、この商品に興味をもった理由は4つあります。

  • ProMaxは画面が大きいためスマホホルダー的なものが必須である
  • 粘着系のスマホホルダーだとワイヤレス充電時にいちいちケースを外さなければならない
  • 大きい端末であるがゆえに動画視聴の頻度は高く、その際のスタンドがほしい
  • Apple Payに対応していないnanacoカードなどをiPhoneと一緒に持ち歩きたい

以上の理由で、商品発売時から私も気になっていた商品です。

 

きっとProMaxユーザーの方はカメラ性能に期待するか、大きい画面に期待して、一番大きいこのiPhone12を選択するのではないでしょうか?  そしてiPhone12から採用された「Magsafe」。これも気になりますよね。

今回の商品は「カメラ」には関係ありません。しかし「大きい画面を利用すること」と「Magsafe」、そして「ウォレット機能」には大いに関係します。

 

そんな悩みを持っていた私が、この商品を実際に購入して使用してみましたので「iPhone12ProMaxユーザー」の目線でレビューします。

 

結論から言うと、スマホホルダーとしてもスマホスタンドとしてもウォレットとしても、とてもいい商品でiPhone12ユーザーには大いにオススメします。

しかし、この商品をiPhone12ProMaxで思う存分使用するためには

「Magsafe対応ケースが必須です!」

と声を大にして宣言します!

 

iPhone12ProMaxにスマホホルダー・スタンドは必須ですよね?ついでにウォレットも。

iPhone12ProMaxユーザーの方は、「調子のいいスマホスタンドがないかな?」 って思いつつも、「Magsafeなどのワイヤレス充電にも対応できる物がないかな?」 って思っていませんか?

ついでにApple Payに対応していないnanacoカードなんかを、iPhoneと一緒に持ち運べるウォレットがあればいいのにな?

Apple純正レザーウォレットもいいけど、あれはスマホホルダー機能はないし・・・

とも、思っていませんか?

 

私もそのように思っていました。

 

さしあたり探しまくって購入したのは、スマホホルダー機能を優先して選んだ「clckr」という商品。

スマホリングではないスマホホルダー機能がある商品です。ProMaxなどのような大型スマホでも安定してスタンドやホルダーとして使用できるということで、まずはこの商品を初めに購入しました。
しかし、この商品はかなり強力な粘着テープで接着しますので、無理ではありませんが実質的には「剥がす」という行為はやめたほうがいいものです。
スマホホルダー・スタンドとしては優秀な「clckr」
つまり、ワイヤレス充電を使用したい私では、「ケースに商品を張り付けてワイヤレス充電の度にケースを外す」というのが実際の使用状況でした。
この商品には、スマホホルダー・スマホスタンドとしては100点をあげてもいいでしょう。
でもワイヤレス充電には容易に対応できない・・・
この商品を使用しているうちに気になりだしました。充電は毎日のことです。いちいちケースを外すのは面倒くさい。なんとかならんのか? と。
そこで見つけたのが「MOFT Magsafeウォレットスタンド」というわけです。Magsafe対応で、しかもnanacoカードを入れられるウォレット機能もある、もう期待せずにはいられません!

MOFT Magsafe対応ウォレットスタンドとは?

お間違いのないように初めに言っておきます。MOFTのウォレットスタンドという商品は、実は以前から発売されていました。

これは「MOFT X スマホスタンド」という商品ですが、ぱっと見では今回レビューするものと同じ物のように見えます。スタンドにもなり、そのMOFT内にカードを収納できるウォレット機能もある商品です。
しかしこの商品は「3Mリムーバブル強力粘着グルー」というものを介してスマホと接着するものです。簡単に言えば粘着テープでスマホに貼り付けるMOFTということです。
お間違いのないように。
もちろん、これだとワイヤレス充電時にいちいち粘着でくっついているものを剥がさなければなりません。ましてやiPhone12から採用されたMagsafe充電をするとなると確実に「MOFTを剥がす」か「MOFTが付いたケースを外す」、どちらかの必要があります。
これでは、今まで私が使用していた「clckr」と同じ事になってしまいます。
しかし、剥がすことが面倒でない方にはこれはこれで良いのかもしれません。「clckr」とは違い、200回くらい張り直しができると書いてありますからね。
でも今回発売された「Magsafe対応MOFT」であれば簡単に外すことができるのです。磁力でくっつきますから粘着残りも気にしなくて良いんです。
もう、私のように「ウォレット機能があって簡単に剥がしてワイヤレス充電にも対応できるホルダー・スタンドを探している方」にはもってこいな商品なのです。

とは言っても、磁力が・・・

待望のMOFT Magsafe対応ウォレットスタンド。

正直に言います。

 

磁力が弱いです。

 

重量が軽いiPhone12miniには良いのかもしれませんが、重たいiPhone12ProMaxには物足りない磁力です。

MOFTを裸のiPhoneに使用した場合でも「ベタっ」とはくっつきません。「ペタっ」です。

期待したとおりに磁力で簡単にくっつくのだが・・

とは言っても、この状態から「MOFTを持ってiPhone12ProMaxを持ち上げる」ことができるくらいの磁力はあります。

しかし、不意にゆすると「ボロっ」と取れる。

その「程度」は言葉で伝えるのが難しいですが、「気をつけて(意識して)持ち上げないと不意に取れてしまうことがある」くらいの磁力です。

正直言ってこの「くっつき具合」ではストレスです。

なんせ以前使っていたclckrではiPhoneをぶん回そうが一向に外れませんでしたから・・(磁力にそこまで期待すのは無理でしょ? と思う方もいるかも知れませんが、後述する専用磁気マウントの磁力は「おお!」って思うくらい磁力が強いので、それくらいの保持力があればいいのに。。と思うんです)

 

こんな磁力ですから、Magsafe対応ではないケースでMOFTを使用するなんてやめておいたほうが良いです。

対応していないケースでは、デスクに平置きしたiPhone12ProMaxを持ち上げることすらできない磁力になってしまいますから。

ダイソーで購入したクリアケースでは、iPhoneを持ち上げることができない磁力となってしまう

また、耐衝撃ケースなんかでは、フローティングモードでの使用すら出来ない磁力になってしまいます。

比較的に薄い耐衝撃ケースなどでも、フローティングモードでiPhoneがずり落ちてしまう

Magsafeに対応していないケースでもiPhoneを支えるくらいの磁力はあるだろうと思っていましたが、考えがあまかったようです。

とりあえず期待していた要素のひとつである動画視聴時には、他のケースに付け替える(または裸で)必要があります。

Magsafeに対応していないクリアケースでは、フローティングモードでも使用できた

磁気マウントとMOFTとの磁力は強い

このMOFTには専用の磁気マウントという部材があります(本体と別売の場合もありますので、欲しい方は商品構成を確認して購入してください)

壁などに粘着テープで磁気マウントをくっつけ、その磁気マウントに対してMOFTをくっつけたiPhoneをお手軽に壁付できるという部品です。

この磁気マウントとMOFTのくっつき具合は強力です。ぐいっと手で動かそうとしても簡単には動きません。それくらい強い。でも、それは磁気マウントとMOFTのくっつき具合であって、磁気マウントとiPhoneとのくっつき具合ではありません。

軽いiPhone12miniであれば問題ないでしょうが、重たいiPhone12ProMaxとでは明らかにiPhone側の磁力のほうが弱いです。これを壁などにくっつけた場合では、磁気マウントとMOFTはくっついていてもMOFTとiPhone12ProMaxの方は外れてしまいます。

磁気マウントを介してガラスにくっつけたiPhone12ProMax

上記のように垂直面にくっつくにはくっつきますが、恐る恐るくっつける感じ。「ひょいっ」なんてレベルではくっつけられません。

スマホホルダーとして使用出来なくはないが・・・

裸ではスマホホルダーとしての役目は果たせる

裸のiPhone12ProMaxにくっつけたMOFTでは、恐る恐るスマホホルダーとして使用できるレベルです。

この場合でも不意に力が加われば「ポロっ」です。

 

高価なiPhone12ProMaxです。ポロッととれて「ギャ〜!」となるのは目に見えてます。

Magsafe対応ケースでも裸のiPhone以上の磁力は期待できないでしょう。でもケースを付けておけばiPhoneを落下時の傷から防ぐことはできる。

つまり、このMOFT Magsafe対応ウォレットスタンドをiPhone12ProMaxで使用する場合は、iPhoneを保護する目的でMagsafe対応ケースが必須であると思います。

ウォレットとしての機能は大丈夫

ウォレット機能があって、ワイヤレス充電時に簡単に取り外しができるスマホホルダーを探しているiPhone12ProMaxユーザーの方には、Magsafe対応ケースと一緒に購入するという条件付きでおすすめできる商品といえるでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

MOFT Magsafe対応ウォレットスタンド
最新情報をチェックしよう!
>建築士が考える後悔しない家づくり

建築士が考える後悔しない家づくり

あなたが滿足できる住まいを手に入れるために、私は記事を執筆します。私の経験が少しでも有効活用されましたら幸いです。

CTR IMG