iPhone12 Pro Maxで住宅写真をキレイに撮影したい! 建築士が期待するカメラ性能はあるのか?

私の仕事上で写真を撮影することは一日のうちで何回もあります。しっかしとした写真を撮影したいときはミラーレス一眼カメラで、記録として残したいだけの写真であればスマートフォンのカメラで撮影しています。撮影できる写真の画質で機材を使い分けているんです。

でもミラーレス一眼では大きくてガサばるんですよね。かたやスマートフォンは必ず持ち歩くデバイスですから、これで全ての写真が撮影できれば写真撮影がものすごく楽になります。

今使っているiPhoneSE(初代)のカメラでは、さすがに画質面や暗所での撮影に厳しいのが現状です。

この記事では、来週にも発売されるiPhone12 Pro Maxのカメラ性能と撮影できる写真について深堀りしてみます。

目次

スマホに写真画質を求めて何が悪い!

何回も言いますが、私もミラーレス一眼カメラを持っていますよ。しかし、一日で何枚も写真を撮影する人間からすると、やっぱりスマホで高画質な写真が撮影できれば、すごく便利なんですよ。

カメラ性能を求めて他社のスマートフォンのGalaxyシリーズを一時使っていたときがあります。確かにGalaxyシリーズは写真がキレイです。でもどうもあの「派手」な色味が気に入らなくて結局iPhoneに戻ってしまいました。やっぱりiPhoneで撮影する写真の色味が好きなんですよ。

すでに発売されているiPhone12とiPhone12 Proでも十分にきれいな写真が撮影できますし、ましてやこれ以前のiPhone Xシリーズや数ヶ月前に発売されたiPhone SE(第二世代)でもぱっと見では本当にきれいな写真が撮影できました。でもやっぱりミラーレス一眼カメラで撮影した写真と比較すると、どうしても細かいところで差があるんですよね。

ですが、今回発売されるiPhone12 Pro Maxのカメラ性能は一味違うようです。それこそ一眼カメラを凌駕する性能があるとかないとか・・・

iPhone12 ProとPro Maxのカメラ性能比較

同じ「Pro」という名前がつくのに、なぜか性能は異なります。そのカメラ性能の差をチェックしてみます。同時期に発売されるminiの比較も載せておきます。

カメラ性能の比較

iPhone12 Pro Max iPhone12 Pro iPhone12 mini
トリプルカメラ
超広角、広角、望遠
トリプルカメラ
超広角、広角、望遠
トリプルカメラ
超広角、広角、望遠
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.6絞り値
望遠:ƒ/2.2絞り値
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.6絞り値
望遠:ƒ/2.0絞り値
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.6絞り値
Dolby Vision対応HDRビデオ撮影
最大60fps
Dolby Vision対応HDRビデオ撮影
最大60fps
Dolby Vision対応HDRビデオ撮影
最大30fps
ナイトモードポートレート
暗い場所でのより速いオートフォーカス
次世代のAR体験をもたらすLiDARスキャナ
ナイトモードポートレート
暗い場所でのより速いオートフォーカス
次世代のAR体験をもたらすLiDARスキャナ
Apple ProRAW Apple ProRAW
センサーシフト光学式手ぶれ補正 デュアル光学式手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正
2.5倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
5倍の光学ズームレンジ
最大12倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
4倍の光学ズームレンジ
最大10倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
ナイトモードポートレート ナイトモードポートレート
赤いマーカー部分がPro Maxが優れているポイント

ビデオ撮影の比較

iPhone12 Pro Max iPhone12 Pro iPhone12 mini
4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps
Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大60fps) Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大60fps) Dolby Vision対応HDRビデオ撮影(最大30fps)
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正 ビデオの光学式手ぶれ補正 ビデオの光学式手ぶれ補正
2.5倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト
最大7倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト
最大6倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
赤いマーカー部分がPro Maxが優れているポイント

Pro Maxはよりカメラ性能を高めたモデル

フロントカメラの性能はどれも同じでした。まぁあまり自撮りというものをしない私にとってはフロントカメラ性能はそれほど重要ではありません。

比較表を読み解くとiPhone12 Pro Maxは、よりズームに強く、センサーシフト式光学手ブレ補正により動きながらの撮影に強い、Dolby Visionに対応(最大60fps)した最強のiPhoneカメラということになります。

Dolby Visionとは映画スタジオで使われているビデオの規格で、撮影した動画をiPhone上で編集もできるとのこと。さらにProシリーズはビデオ撮影の性能が10ビットになり、7億色を捉えられる性能といいますから、いったいどんな撮影ができるのでしょうか?

さらにAppleのホームページを見ると、「暗い場所で撮るビデオの画質が87%向上、より優れたノイズ低減ができる新しいISPで、より精細なディテールを」とあります。つまり暗いところに強くなったのですね。LiDARセンサーが搭載されたことにより、ナイトポートレートモードも可能。

iPhone12 Pro Maxは、もう「最強なiPhoneカメラ」ではないでしょうか?

建築士としてこういったシーンに期待する!

建築士として、完成した住宅はキレイに撮影したいものです。狭いところや暗いところでもしっかり撮影できるカメラが必要です。

ですが今までのiPhone(私が使っている一番新しいiPhoneはXRです)ではどうしても狭い空間では画角に無理が生じてました。例えばトイレや洗面所などの1坪程度の広さの空間では、どんなに自分が後ろに下がって撮影しても全てが入り切らない事も多いのです。

また住宅屋は暗いところでの撮影も意外と多いもの。夜に照明を点灯して外部からの印象的な住宅写真を撮影しようとしても、場合によっては真っ暗な写真しか撮影できなかったり、ノイズが多くとても公表できる写真とはなりませんでした。

ポートレートモードも重要です。住宅写真を撮影するときに、対象物をアピールしたい場合に背景をぼかして撮影することも多々あります。一眼カメラではできても、とても古いiPhoneではそんな撮影は不可能です。全体にピントが合ってしまうんですよね。まぁ、センサーがスマホサイズですから致し方ないのは当たり前ですが、新しいiPhone12ではセンサーサイズが47%大きくなっていますから、この面でも期待できます。またLIDARセンサーがあることにより、暗いところでのナイトポートレートも撮影できます。

  • トイレなどの狭いところで活躍する「超広角カメラ」
  • 住宅の夜間撮影など暗いところで威力を発揮する「LiDARセンサー」
  • 撮影場所によっては今まで撮影できなかった画角も可能にする「2.5倍の光学望遠性能」
  • 動きながらの住宅ライブ撮影に威力を発揮する「センサーシフト光学式手ブレ補正」

これが、建築士である私がiPhone12 Pro Maxに期待する写真及びカメラ性能です。

来週にはiPhone12 Pro Maxで撮影した写真をいち早く確認してみます!

11月6日に予約できるかどうかが重要ですが、発売日に手元に新しいiPhone12 Pro Maxが届いたら、早速住宅写真を撮影してみます。ぜひ昔のiPhoneとの住宅写真画質の比較記事も投稿してみたいと思います。まだ予約はしないけど、どうしようか迷っている方は分かり次第、記事を投稿しますので楽しみにしていてください。

そう言えば、昔はiPhone発売日の早朝から店頭に並んだなぁ・・・早朝組の初めてあった人との会話も楽しかったものです。iPhoneの購入行列、懐かしいですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる