高いApple Pencilを使わなくても、安いPencilで十分だった件。

高いApplePencilはいらない

どうも!iPadを日常業務で使いこなし、振り返ってみたら5枚のiPadを使い続けていた、建築士のmakotoです。

ApplePencilって高いですよね。そりゃ出来ることは素晴らしいのですが、いかんせん金額が高い!無くすんじゃないかと思って、おちおち持って歩けません。(Pencil収納部付きのケースを買えばいいんですけど)

で、もっと安くてApple Pencilと同じようなことが出来るペンシルは無いものか?と探したら、あるんですね、モドキが。(失礼・・)

無印のiPadで手書き入力がしたくて探したものなんですけど、形もそっくり、色もそっくり!それでいて安い!Apple Pencilの約5分の1の金額!!!

つまり、この安いペンシルであれば、4本なくしてもまだ本物のApplePencilより安い出費で済むということになります。

でも機能性は?

と、いうことで実際に購入して試してみました。

結果的には大満足のペンシルでした。

使用できるiPadは限られるようですが、該当するiPadを使っていて高いペンシルを購入するか迷っている方には、間違いなくおすすめな商品です。高いApple Pencilを購入しないで、まずはこの商品を購入することをオススメします。

だって値段がぜんぜん違うのに、全く問題なく使えるんですから。

iPad Air(第四世代)とApplePencil(第二世代)はしばらく必要ない?

目次

iPadにApplePencilは必需品です

私は、昨年発売したiPad Air(第四世代)を本体発表後すぐに購入し、同時にApplePencil(第二世代)も購入しました。

ここで初めて、iPadとPencilで可能になる無限の機能性を知りました。正直それまではPencilなんて百均のタッチペンで十分と思っていました。

しかし、ApplePencilはさすがに一万円以上するペンです。その高価格なペンの使い心地は安物とは全く違うものでしたね。

それからというものApple Pencilを手放すことが出来なくなり、日頃の建築士業務にも多用しています。

しかし・・・・

冒頭でも書きましたが、高いんですよ。ApplePencilって。

約15,000円ですよ・・・。それでいてなくしやすい!

ポケットに挟むクリップもないし、おちおち現場になんか持っていけません。で、iPad Airも高い!性能から考えれば比較的安いモデルですが、それでも数万円するモデルですからね。

っていうことで、現場に持っていくiPadは、最悪落としたりなくしたりしても悔しくない古いモデルのiPad(無印の第六世代)に戻しました。

ところが、これって第一世代のApplePencilは使えるけど、第二世代のApplePencilは使えないんですね。15,000円もだして購入したPencilなのに・・・・

ということで、ここから安いApplePencil探しが始まったわけです。

形も色もそっくり! 使い心地は約9割そっくり!

無印iPad用に購入した、安いPencilはこれです。

見た目は本物にそっくり。太さもほぼ一緒なんですかね。後述するApplePencil用の収納部付きケースにも問題なくハマりました。

ただね・・・軽い。

本物はどっしりした高級感がありますが、これは軽々しいおもちゃみたいな感じです。まぁ、どうでもいいんですけど、使えれば。

見た目は本持にそっくり

良すぎるから故にデメリットを先に言います

本物のApplePencilとの比較で感じたデメリットです。

  • おもちゃっぽい軽々しさ(高級感がない)
  • 無線充電は出来ない(type-Cケーブルで充電)
  • ひと差し指でペンをトントンして消しゴムを使うとかが出来ない
  • スイッチオンの動作が必要
  • 不意にスイッチが切れているときがある

ペンの頭を「触って」スイッチのオンオフが出来る

約2週間使って気づいたデメリットはこんなところでしょうか。

でも、私のようなメモ書き用途中心でPencilを探している方は、上記のデメリットはそんなに気にしなくてもいいんじゃないですかね。

そんなに長時間メモすることは無いから不意にスイッチが切れていてもそんなに気にしないし、現場で機動性を求めて使うんですから高級感のない軽さも逆に有利になります。

まぁ、お絵かき用途でPencilを探している方では、不意にスイッチが切れるのが面倒に感じるかもしれません。

もう、このPencilが良すぎてデメリットはどうでも良くなります

iPadでメモするアプリはGoodnoteを使っています。このGoodNotesで使う際でも、どうしようもなくイラつく事は全く有りません。

99%本物のPencilと同様な使い心地です。

遅延なく快適に書ける

1%の不満は何かって言うと、消しゴム機能です。

このPencilでは消しゴムアイコンをその都度ペンで触らないとなりません。ApplePencilではサクッと消すことが出来るのに。

でも、「自動選択解除」をオンにしておけばそれほど苦にはなりません。

GoodNoteでは自動選択解除をオンにしよう

このペンを使っていて不思議に思うのですが、これって何で接続しているんですかね?Bluetoothで接続すわけでもなく、スイッチオンするだけで、ペアリングせずに使い始められます。

それでいて、手のひらを画面に付けてもペンしか反応せずに快適に書くことが出来る。

手を付けてもペンしか反応しない

う〜ん、、、不思議だ。

メモ書き用途では完璧です

私のようにメモ書き用途でペンを使いたい方には、大きな不満のない大満足なペンです。

ApplePencil収納部付きケースにも問題なく納まる

それでいて、本物のApple Pencilの約5分の1の金額なんですから。

その高価なApplePencilを無くさないかとビクビクしながら使うほうが、よっぽど使いづらいと思ってきた今日このごろです。

LogRenoveさんの無料オンラインセミナー

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる