集中力を高める環境を強制的に作る!ノイキャンとアプリで可能にする集中環境

こんにちは。様々な案件の納期が毎日やってくる、建築士のmakotoです。

切羽詰まってくると、やらなければならない事に集中したいときありますよね。

人によって集中できる環境は様々でしょうが、図書館のような静寂がいい人と、多少雑多な騒音があったほうが逆に集中できる人もいるでしょう。

私は、すこ~しガヤガヤした環境のほうが集中できるのですが、そんな私がやっている「集中できる環境を強制的に作る方法」を教えます。

それは、ノイキャン(ノイズキャンセリング)イヤホンと環境音アプリを組み合わせて、強制的に「なんちゃってスタバ状態」をつくる方法です。

ノイキャンイヤホンを使ったことのない人こそ試していただきたい環境です。

目次

何にも邪魔されず集中する環境

私の仕事(建築士)では、図面作成や見積もり書作成など、一気に集中してやって終わらせないとアイデアが途切れ途切れになってしまうことが多々あります。そんな時は本当に集中したいんですよね。

スタバなどのカフェでパソコンを置いて仕事するのもいいでしょうが、そもそも私の近所にはスタバがない!

図書館ではかたすぎるし、普通の自宅ではいろいろなものが邪魔をしてくる。

でも、「納期が迫っている、明日の朝までにはこの書類を作らなければ!」って言うときこそ、今回紹介する方法で強制的に集中する環境をつくって仕事をしています。

カフェのカウンター席って、なぜか集中できるんですよね

ノイズキャンセリングイヤホンで「無」の世界へ

ノイズキャンセリングイヤホン(略してノイキャン)は、使ったことがある人はわかるでしょうが、「静粛な世界」を作ることができます。

逆にノイキャンイヤホンを使ったことがない方は、イマイチその「静粛な世界」が想像できないかもしれません。

私もそうでした。

 

TVコマーシャルなどで、盛んにそのノイキャン性能をアピールしているものもありますが、「そんな事ないでしょ? 普通のイヤホンと変わらないでしょ?」って思ってました。

でも、使ってみればその凄さがわかります。

 

これが静粛な世界か!

 

本当に「無」であり「静粛」な世界に入れます。

日常では必ずなにかの音が鳴っています。道路を車が走る音、近所の犬の鳴き声、風の音、など。これら普通の生活では少なからず聞こえてくる「音」が本当に全く聞こえなくなります。

なにもない「無」な世界へ

し~ん。

 

ドアの開閉音、キーボードを叩く音、時計の時報、雨の音、子供が家の中を走る音、来客が乗ってきた車の音、全てがかき消されます

この静粛な世界に入り込むだけでも集中できるのかもしれませんが、私はさらに環境音アプリを使って自分好みの集中環境を作ります。

建築士
実際には、ノイズキャンセリング時でも大きめの音はうっすら聞こえてきます。

環境音アプリで「なんちゃってスタバ状態」に入り込む

「騒々しくない程度のガヤガヤ音がある環境」って、なんとなく集中できませんか?

スタバのようなところの、程よいガヤガヤ音と食器を置く音、何を喋っているのかわからい程度の話し声、そんなちょうどいい「音」のある環境だとなんとなく集中できるんですよね。

そんなスタバのような「音の環境」を作れるアプリがあります。

アプリ名は「mimicafe」です。(残念ながらiPhone用アプリしかありません)

mimicafe 〜ミミカフェ〜

mimicafe 〜ミミカフェ〜
開発元:coton inc.
無料
posted withアプリーチ

 

このアプリはデフォルトで5個の環境音がプリセットされていますが、自分でアレンジした環境を作ることもできます。

  • 男性が喋っている音(何言っているかわかりません)
  • 土砂降りな雨の音
  • コーヒーカップをスプーンでかき混ぜる音(かなりリアル!)
  • 本をめくる音
  • 素敵な喫茶店で流れているような音楽  など

これらを組み合わせて自分好みの環境音を作ることができます。

私のお気に入りの組み合わせはこれです。

  • 角砂糖の蓋の音
  • 男性の会話
  • BGM(ポップス)

これでもう気分は喫茶店やス○バです。コーヒーを淹れて近くに置いておけば、「匂い」でも雰囲気に入れ込めます。

 

 

自分好みの環境音作りが楽しい

 

さらにこのアプリでは、それぞれの音の距離感や音量と広がりも調整できますから、自分好みの音環境を容易に作ることができます。

ノイキャンと環境音アプリで集中できる空間へ

ご紹介したノイキャンイヤホンで誰にも邪魔されない静粛な世界に入り込み、環境音アプリで自分好みの集中できる音を軽~く鳴らす。

これで、一気に集中できる世界へ入り込み、時間も忘れ一気にタスクを完了させています。

いっそのこと全ての通知をオフにしたい

 

もちろんスマホの通知はオフにしてください。

できれば、パソコンの通知もオフする。

緊急時に対応できるようにスマートウォッチなどがあればより便利でしょう。

 

私はこの環境で仕事に集中し、このブログを書くときも同じ環境で執筆しています。

ノイズキャンセリングイヤホンはSONYのWF-1000XM3がおすすめ

ノイズキャンセリング機能がついたイヤホンは様々なメーカーから発売されていますが、私が使っているのはSONYのWF-1000XM3です。

発売されたのは2018年でちょっと前のモデルですが、今でも現行商品としてSONYから販売されています。

発売当初よりかなり金額が下がってきましたし、それでいてこのWF-1000XM3は今でもそのノイキャン性能はトップレベルです。外音取り込み機能も十分です。

建築士
「外音取り込み」とは、ノイズキャンセリング機能の逆で、自分の周りの音をイヤホンを通じて聞く為の機能です。イヤホンを装着しながらも周りの音が自然と聞こえてきます。
ノイキャン、外音取り込み(アンビエントモード)、全ての機能オフ、これらも左側のイヤホンをタップして簡単に切り替えることができます。
またBluetooth接続を数台ペアリングしておけるので、使う機器の切り替えも簡単で便利です。
もちろん、SONYらしい臨場感のあるサウンドを鳴らしてくれますから、音楽を聞く際にも不満はないです。
ノイキャンをオンにした状態での電池持ちが若干短いのが気になりますが、それでも10分の充電で90分再生することができますから、まぁ許容範囲内です。
何よりも私が気に入っているのは、その高級感のある佇まい。イヤホン本体はちょっと大きめのサイズ感ですが、逆に高級感のあるデザインや質感とあわせて見せびらかしたくなる佇まいです。
ケースもしっとりした質感がAppleのAirPods proとは違う雰囲気を醸し出しているところが気に入っています。

WF-1000XM3は高級感のあるデザインが特徴

集中できる環境へ

どうですか?

ノイキャンイヤホンで音楽を聞くのもいいですが、その性能を生かした「静粛」な世界へ自分を投入し、集中できる環境で一気にタスクを完了させてみませんか?

きっと、「時間を忘れ気付いたら夜中の12時だった、でも締切が近かったタスクは一気に片付いた」なんてことが可能になりますよ。

 

 

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる