サザエさんの家を、勝手に和モダン住宅な間取りにリフォーム提案!

国民的アニメの「サザエさん」。

皆さん見ていますか?私も子供の頃からずっと見ています。まぁよくも話題に事欠かないなぁと感心しながら見ているのですが、ふと、子供の頃から見ていた「あのお家の間取り」が気になりました。

昔からある「The日本」っていう家の雰囲気。そして田の字型に区切られ開口が多くて続き間のある、あの間取りです。

サザエさんの家の間取り

いかんせん今の時代にはあっていないし、使い勝手もいいとは言えないあの間取りに、サザエさんは文句を言わないのでしょうかね?

っていうことで、勝手にリフォーム提案です。

テーマは「和モダン」。また家族それぞれの特色とプライバシー、そして決して収納も多いとは言えない間取りを改善するご提案です。

建築士makoto

さすがに構造躯体がどうなっているかまでの資料はありませんでしたので、「木造の平屋では問題ないでしょう」っていう考えで提案する間取りです。壁をぶち抜いておりますし、そこに柱があったとしても補強梁を入れスジカイ等の移動及び補強をすれば問題ないでしょう。(構造躯体の組み方で難しい場合もあります)

目次

リフォーム後の間取りはコチラ!

サザエさんの家にご提案したいリフォーム後の間取り

今回の間取りのポイントはコチラです。

ご提案ポイント
  • 図面上の下側を南方向と仮定すると、なぜか北側にあるリビングを南側へ配置し、採光と通風を得られる明るいリビングをご提案します
  • 今どき客間のある家は少なくなりました。来客の多いサザエさん家ですが、お客様はデザインされたリビングに招き入れそこで団らんしてもらう想定です
  • マスオさんがかわいそう・・・せめて自分の書斎として使える「カウンターデスク」を部屋内に配置しました
  • 波平さんとフネさんはまだまだ若いようですが、高齢になるこれからの事を考え部屋にトイレを隣接しました
  • これから年頃となるワカメちゃんがカツオと同じ部屋ではかわいそうです。よってカツオとワカメちゃんの部屋を別々にしました
  • カツオは目を離すとすぐサボりそうですので、建具を開放すればキッチン及び波平さんの部屋から直視で監視できる位置としました
  • 今どき廊下に電話は置きません。よってリビングの一角に電話を置けるスペースを確保しました(そもそも固定電話すら置きませんが・・・)
  • 7人家族ですので、それなりに食品の買い置きは多いかと思われます。キッチンに面した場所に小さいながらも食品庫を配置しました
  • 遊び盛りのカツオやワカメちゃん、タラちゃんの遊び道具もしまえる玄関クロークを配置しました
  • 7人でも余裕をもって座れるダイニングテーブルを配置しました
  • サザエさんの家にソファは似合いません。よって座卓生活を想定しております
  • ご近所の伊佐坂さんと団らんして頂きたい「ウッドデッキ」を配置しました。お洗濯物もここへ干すことが可能です
  • さすがに7人家族で一個のトイレでは不便もあるでしょう。よってトイレをもう一箇所増設しました
建築士makoto

では部屋ごとにイメージ図を見ていきましょう

サザエさんとマスオさんの部屋

マスオさんの書斎としてご使用していただきたいカウンターを配置しました

部屋の広さは6畳ですが、サザエさんがこの部屋でじっとしているとは思えません。しかし、マスオさんは海山商事の営業マンです。家で少しぐらい仕事の書類をまとめることもあるでしょう。

また昨今のテレワーク需要にも対応できるカウンターデスクを配置しましたので、たっぷりとあるクローゼット収納とあわせ不自由なく使っていただけると思います。

廊下

和モダンデザインでまとめました

電話が置いてあるあの廊下も、和モダンのデザインに変更し、お客様をお通ししても恥ずかしくない廊下としました。

リビング(LDK)

ここがこの間取りの最重要ポイントです。

7人家族が今まで通りこたつを囲んで団らんし、それでいて食事はしっかりダイニングテーブルでとれる間取りです。南側に面した大きな窓からたっぷりとした採光が入り、以前とは比べ物にならない明るいリビングとなっております。

今や定番となっています対面キッチンを採用し、さらに天井にデザイン性を加えおしゃれなLDKとなりました。

画像右側のくぼみには電話を置けるカウンターがあります。 

波平さんとフネさんの部屋

板の間とあわせ10畳ある部屋

ゆっくりと寛げるよう、板の間とあわせ10畳ある広々としたお部屋にしました。また頑固な波平さんですが、今どき床の間は流行りません。全く無くしてしまいますと「ばっかもーん!」と怒られそうですので小さな床の間に変更し、押し入れと位置を変更しました。

奥にはトイレを隣接し、高齢になられても苦労しない配慮をしました。

カツオを監視するために

奥にあるカツオの部屋と隣接するキッチン

なにかと問題をおこし勉強をなかなかしないカツオを、キッチンにいるフネさんやサザエさんが監視できる工夫をしました。

2本の片引戸をすべて引き込めば一室となりますので、勉強しているカツオを料理しながら監視できます。

また波平さんの部屋からも監視できるよう建具を隔てて隣接させました。

建具を開ければ廊下を挟んでカツオの部屋が見える

外観

道路からのファサード

和モダンのテーマにあうよう外構も含めデザインしました。

磯野家は車を所有していないようですが、今後はなにかと駐車場も必要でしょう。来客の多いご家庭ですので、来られた皆さんにインパクトを与える大きな門も配置しました。

大きな門がありながら、片流れの屋根でスッキリとした和モダンテイストでまとめ、都会の中にあるオアシスとなれる外観です。

また大きな片流れ屋根には太陽光発電システムも余裕で設置できます。大人数家族の光熱費削減にも貢献してくれるでしょう。

まとめ

サザエさんの家の面積は111.52㎡もある平屋です。

現代では立派な豪邸です。ましてや都会にあるとなればかなりのお金持ちでなければ所有できないものです。であるならば、外観も内観も”それなり”のステータスがあってもいいでしょう。

まぁ、今回のご提案はあの家族には似合わない間取りですが、現実にあったとしたら建築士としてぜひリフォームさせていただきたい物件ですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる