平屋住宅の間取り スローライフを送る夫婦の住まい

平屋住宅の間取りの提案。

想定する家族構成は、引退した夫婦がスローライフを送る住まい。

延床面積 67.08㎡(20.29坪)の間取りです。

では、詳細を解説します。

目次

平屋住宅の間取り図面

玄関からクローク、その先のキッチンや洗面所まで一直線でつながる間取りが特徴です

こうすることにより、買い物帰りのときもさっとキッチンへ荷物を置け、キッチンでの家事作業中も洗濯機まで一直線。

さらには洗濯物を干す南側のデッキにも寝室を通って一直線。

家事がしやすい間取りではないでしょうか。

玄関

玄関に入ると正面には大きな窓。

窓の向こうにはシンボルツリーが見えます。南側にお大きく空いた窓からたっぷりな光が入り、明るい玄関です。

玄関の画像

リビング

リビングに入ると勾配天井と化粧梁が目に入ります。

普通な平天井では平凡で狭く感じる空間も、こうすることにより広くそして開放的に感じられます。

明るすぎず暗すぎない色合いでまとめました。

リビングの画像

夫婦の趣味がガーデニングと想定し、リビングの窓の向こうには大きなウッドデッキを設置。デッキの先の庭やデッキ上でも趣味のガーデニングや植栽が楽しめます。

逆側から見るとこんな感じ。

正面右側の壁がレンガ調となっていますが、これ実は外壁に使うサイディングを張ってあります。

実際に室内に張ったこともありますが、サイディングだとどうしても目地が出てきます(このイメージ画像ではありませんが)ので、実際は見た目がよろしくありません。

ゆえに室内にサイディングを使用する場合は目地がいらない工法(四辺あいじゃくり品)を使用するのがおすすめです。あとどうしてもサイディングだと細かい部分の加工はキレイにできません。よって今回のイメージ画像のような建具が絡むようなところは無理でしょう(イメージ画像で書いておきながらすいません)

ということはやっぱりクロス張りかブリックなどのレンガ調の材質を使用することになります。(LIXILのエコカラットもおすすめです)

外観

屋根両端の壁を立ち上げ、特徴的な外観としてみました。

外壁はKMEWの光セラ ネオロック シャトレーブリックⅡ NH4744Aです。

レンガ感を強調したかったのですべて同色の外壁です。

サッシの色はブラックでもいいのかもしれませんが、三協アルミのホットブラウンのようなちょっと茶色みがかったものがいい色合いになります。(LIXILだとちょっと茶色が強いけどオータムブラウンかな?)

ちょっと豆知識!

こういった屋根が外壁よりも出ていない外観で注意するポイントがあります。

外壁の一番上の部分(笠木といいます)ですが、ここに金属(ガルバニウム鋼板が一般的)で蓋をかぶせます。

金属(笠木)の継ぎ目がどこにあるのか?に注意してもらいたいです。

雨が降るとどうしても継ぎ目のところを起点に雨が垂れます。その真下にサッシなどがあると・・・

ポタポタと雨がサッシに当たる音で悩まされることになってしまいます。職人さんや住宅会社のかたも見ているようでこのような細かい部分は見落としがち。

完成したあとでは是正工事するにも足場が必要だったりして大変です。ちょっと気にかけてみましょう。

ウッドデッキの上にも屋根がかぶっていますから、ちょっとした雨であれば濡れずにデッキ上でなにかできます。また屋根が深いことにより部屋に入る日差しも和らげることができます。

この物件で使用した部材

  1. 外壁 KMEW 光セラ ネオロック シャトーブリックⅡ
  2. 屋根 栄四郎瓦 プラウドUU40G ライトチョコ色
  3. サッシ 三協アルミ マディオJ ホットブラウン色
  4. 室内床 EIDAI 銘樹 ブラックチェリー色
  5. 室内建具 三協アルミ リヴェルノ  ミッドチェリー色
  6. フェンス 三協アルミ ニュータウンリード2型 H800
  7. ウッドデッキ 三協アルミ ひとと木2
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる