便利でスッキリ!回遊できる玄関と玄関クロークでゆとりの生活

玄関クロークはとても便利な間取りです。

玄関から土間続きで収納があり、床の上に上げたくない収納物やベビーカー、あるいはゴルフバックなどを気兼ねなく収納できます。しかも扉を閉めてしまえば玄関から生活感もなくすことができます。

そんな玄関クロークですが、最近は通り抜けできる間取りに人気があります。

通り抜けできる玄関クロークであれば、クロークのおかげでスッキリした玄関も自分たちの靴などが散らかって台無し!という悩みさえも解決でき、さらに生活にゆとりが生まれます。

今回はそんな通り抜けできる、便利でスッキリした玄関をご紹介します。

目次

通り抜けできる玄関クロークの間取り図面

まずは間取り図から。

通り抜けできる玄関クローク

決して広くない玄関ですが、かといって狭くもない広さです。これでも玄関としては十分なスペースです。

通り抜けできる玄関クロークというと、もっと広い豪邸みたいな玄関を想像するかもしれませんが、このくらいであれば一般的な住宅でも十分に採用できる間取りではないでしょうか?

また玄関クローク内で土間の部分と床の部分があるのもポイントです。こうすることによって土間に置きたい収納物も床に置きたい収納物も両方とも玄関クローク内にしまうことができます。

玄関に入ると玄関クロークへの入り口がある 右に行けば玄関ホールから廊下につながる

玄関クローク内で靴を脱ぐ

玄関クローク内で靴を脱ぎ室内に入るルートを活用すれば、散らかった家族の靴をお客様にさらけ出すことも防ぐことができます。

玄関クロークに入ると家族用の玄関ホールに

間取り図を見て気づいた方もいるかもしれませんが、この家には下駄箱がありません。

スッキリした玄関にするために下駄箱さえも排除しました。上の写真の左側に自分たちの靴に合わせた可動棚を設置する想定で、そこが下駄箱になります。

スッキリ何もない玄関ホール

ハンガーパイプがあれば便利です

外出用のコートやその他衣類を吊り下げられるハンガーパイプが玄関クローク内にあると便利です。

ハンガーパイプがついた枕棚も設置

お出かけ用のコートをかけたり、バックなどもスマートに収納できます。

生活にゆとりが生まれる

通り抜けできる玄関クロークがあればこんなメリットがあります。

メリット
  • 玄関がいつでもスッキリできる
  • 土間に置きたい汚れたものと、床の上に置きたいものと両方収納できる
  • お出かけ用のコートなどを収納できる
  • 既製品の下駄箱とは比べモノにならない大収納が作れる

お出かけ時に身だしなみをチェックするために、玄関クローク内へ鏡を設置してもいいでしょうね。

また玄関クローク内土間の部分に手洗い場を設置してもいいかもしれません。土間ですから多少水が飛び散ったとしても気にしなくていいですからね。

またスッキリした玄関にお気に入りの絵画や飾りを設置してもいいでしょう。何しろ邪魔なものが何もないスペースですから飾りもぐっと引き立つはずです。

何か飾りたくなる壁

どうでしょうか?

あなたの新築住宅にも通り抜けできる玄関クロークを設置すれば、きっとゆとりのある生活になりますよ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる