住宅の間取り 凸凹ハウス 外は個性あふれる凸凹でも中はシンプルなデザインハウス

今回の住宅の提案は、外は凸凹でも、中はシンプルなデザインハウスです。

動画でイメージ画像見たい方はコチラからどうぞ。

外観デザインを個性的に

外観画像1

外観のポイント

誰にも似ていないデザイン

どこから見ても、それ とわかるデザイン

中はどうなっているんだ?って思わせるデザイン

外観画像2

1階

玄関の画像

玄関に入るとまずは何もない、シンプルな白い空間が広がります。

横長の窓をあえて床付近に配置し、隣家からの視線を遮り、さらに空間としての安定性を演出しました。

家の中に入ろうと右を見ると

階段の画像

美術館にでも来たかのような階段が目の前に現れます。

この家を訪れた人に、シンプルでありながらも記憶に残る圧倒的な個性を演出しました。

きっとこの家を訪れた方はこの階段を忘れないでしょう。

1階の奥には夫婦の寝室と洋室があります。

まずは子ども部屋。

子供部屋の画像

外観上の凸凹部分にカウンターを配置し、そこが勉強机となっています。

次に寝室。

寝室の画像

十分な広さの8畳の寝室。

書斎を兼ねるカウンターをここにも配置しました。

2階

個性的な階段をのぼると広いLDKが広がります。

階段をのぼると現れるLDKの画像

白い床、白い壁、白い天井にアクセントの色を添えました。

下がり天井に色を配置したキッチン部分の天井、中央にファミリー収納を配置しそこにもアクセントとなる壁紙を施してあります。

階段を登ったところから奥行きのあるLDKのため、より広く感じられる間取りとしました。

逆に奥から見ると

リビングの画像

外観上の凸凹部分にあわせて、植栽と絵画を配置し、非日常感を演出しました。

キッチン部分から見ると

キッチンエリアの画像

LDK中央のファミリー収納の裏側、キッチン側には可動棚を設置し、何かと備品が多いキッチンエリアの収納にもこだわりました。

キッチンからもLDKが一望できます。

キッチン前にはカウンターを配置し、夫婦の夜の語らいの場所として、友人を招いた時の場所として使用できるようになっています。

キッチン前のカウンター画像

この提案住宅の概要です。

住宅の概要

個性的な外観にシンプルな内装を求める方にデザインしました。

都市部にある、隣家からの視線が気になる、でも明るいリビングがほしい方にいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!
>建築士が考える後悔しない家づくり

建築士が考える後悔しない家づくり

あなたが滿足できる住まいを手に入れるために、私は記事を執筆します。私の経験が少しでも有効活用されましたら幸いです。

CTR IMG