このサイトは素敵な家造りを応援する、建築士による家造り情報ブログです
玄関に水栓

玄関に手洗いがある。流行るかも?これからの住宅の間取りのトレンドになるか?

玄関に水栓

昨今のコロナ問題により、住宅に求められるものも変化しつつあります。

在宅勤務するスペース、仕事ができる環境、換気の良い間取りや窓、家にいる時間が多いから快適に過ごせる断熱環境、などさまざまな要望が聞こえるようになりました。

そんな中で、帰宅したときに手洗いをスムーズに行える手洗い場を玄関スペースに設置したいという要望もちらほら出てきましたので、その手洗い場について考えてみます。

玄関に手洗い場?必要?

玄関に手洗い場があると、帰宅したときに家の他の部材に(室内ドアの取っ手や設備など)手を触れる前に洗うことができ、ウイルスなどを住宅内に持ち込まない感染予防策として設置するという発想ですね。

子供
子供

お母さん!ただいまっ!!

お母さん
お母さん

おかえり。帰ったらまず手をあらいなさい。

子供
子供

は~い!

って感じに、サクッと手を洗える、うがいをできる環境ということでしょうか。

確かに有効な感染予防策だと思います。しかしいつかコロナは終息するはず。いやしてもらいたい。よって感染予防策の役目はいつか終えるはず。

では、その感染予防策の役目を終えた後はどのように有効活用するか、何に使えるかというのが重要かと思います。

感染予防策の役目を終えた後を考えてみます。

今は感染予防策として有効だという前提で、玄関に水栓を設置した住宅を前提に考えます

玄関に手洗い。他の用途はなにか?

一つは水栓自体をインテリアデザインとして考えてみてはどうでしょうか?

水栓金具には大変オシャレなものがあります。奇妙な形のものから、おしゃれな色合いのものからさまざま。
水の受け皿となるボウルも和風なものから近代的なものまで大変多くのものが各メーカーから発売されています。
水を出す役目を終えた後はこれらおしゃれなアイテムたちが、素通りするだけの玄関にいいアクセントとなってくれるのではないでしょうか?

例えばこんな物あります。

2つ目は掃除用途に手洗いを使用する。玄関の床のタイルなどを洗う際に水が近くにあった方が作業は捗ります。
その水洗器具として使用する。でもそうするとバケツが入るボウルやホースがつなげられる蛇口が必要になりますから、お洒落さはなくなります。

3つ目は防災対策。と書いては見たものの、玄関に水があっても防災対策にはならないかな?まぁ色んな所に水が出る場所があれば、いざという時に以外な使いみちがあるかもしれないという程度でしょうが。

しかし、玄関に手洗い場がることの感染予防対策以外の用途は、これくらいしか思い当たりません。

ならば、おもいっきりオシャレにしよう

ということで、どうせなら思いっきりオシャレな手洗いにして、インテリア性を高めるようにするのが一番かもしれません。

先程、書いたとおり様々な形状の水栓金具やボウル(受け皿)が各メーカーから販売されています。

おすすめは、カクダイ というメーカー。

このカクダイというメーカーですが、地味な水栓金具も売っているメーカーですので、どこの家庭でも一つくらいカクダイ製の製品があると思います。でも一般の方には知名度が低いかもしれませんが。

カクダイのホームページはこちらです。

で、モダン住宅で普通の広さの玄関に手洗いをデザインしてみました。

手洗いのある玄関
手洗いのある玄関

長ーいカウンターにポツンとボウルと水栓金具。すっきりオシャレにデザインしました。
カウンターに合わせて窓の上下に細い棚板を設置。ここに小物を飾ってより一層オシャレな空間にできます。

これを考えていて気づきましたが、手洗いをしたあとの手を拭くもの(タオルかペーパーか)が必要ですね。またそれを捨てるゴミ箱も必要。これらもおしゃれなものを置きたいものです。

玄関に水栓
最新情報をチェックしよう!