SwitchbotをAlexa(アレクサ)に連携!テレビなどの家電を音声でコントール。echoshow5に夢中です。

これまでの記事でSwitchbotにテレビや照明の家電を接続してきました。

今回はいよいよAlexaと連携してみます。

といっても、ものすごく簡単です。

SwitchbotとAlexaを連携する

Switchbotにテレビや照明が接続されている前提で進めていきます。接続までの流れは以前の記事を参照願いいます。

まずは、スマホのAlexaアプリ内で、スキルを追加します。

スキルとゲームをタップ。

スキルを選択右上の虫眼鏡をタップ。

虫眼鏡をタップ

Switchbotで検索。

スイッチボットスキルで、有効にして使用するをタップ

そうするとSwitchbotのアカウントを聞かれますので、同じものを入力。

次にデバイスを検出します。右下のデバイスをタップ。

デバイスを検出セットアップするデバイスの種類を聞かれますので、一番下にあるその他をタップ。

その他をタップ次の画面でデバイスを検出をタップ。

デバイスを検出これで、SwitchbotがAlexa上で検出され、つながるかと思います。

SwitchbotとAlexaが連携されるとできること

さっそく、音声で家電をコントロールしてみます。

アレクサ!テレビをつけて
アレクサ!照明をつけて

これは当たり前ですね。なんなく動作してくれました。

アレクサ!テレビを5チャンネルにして

これも反応して動作してくれました。

アレクサ!テレビをNHKにして

残念。その動作には対応していませんと言われ、動作しませんでした。対応しているテレビでは動作するということでしょうか?

アレクサ!照明を50%にして

これも残念。同じように対応していませんと言われました。Alexaと直につながるような照明ではいけそうです。

アレクサ!照明をちょっと暗くして

これは反応して、照明がちょっと暗くなりました。私の家のダウンライトは調光機能がありますので反応したようです。

温湿度計と連携してみる。シーン設定

何度になったらこの家電のこの動作をする、という設定をしてみます。

まずはSwitchbot温湿度計をクラウドサービスに接続する必要があります。

温湿度計の部分の右上、歯車マークをタップします。

歯車マークをタップ次にクラウドサービスをタップ。

クラウドサービスをタップ今回はアレクサとの接続ですので、AmazonAlexaをタップ。

あれくさをタップ

タップするとAlexaアプリにとびます。

次にデバイスをセットアップ。

デバイスをセットアップ

検出されるとどこの部屋ですかと聞かれますので、今回は寝室を選択。

グループに追加これで、Alexaアプリにも温度が表示されます。

温度が表示される

次は、Switchbotアプリに戻り、左上の三本線からシーンをタップ。

次の画面、アクション条件のところで温湿度計を選択。

温湿度計をタップ

アクション条件で、温度か湿度か聞かれます。今回は温度で設定します。

温度、湿度選択画面この画面では、そのアクション条件を設定します。画面の状態だと、25度以上で、という設定になります。

条件を設定

OKをを押すと、アクションを聞かれますので動かしたい家電を選択し、どういう動作をするか設定して、完了です。

この画面では室温25度以上になったらテレビをつける、というアクション設定です。
(こんな設定は誰もしないでしょうが、私の部屋にはエアコンがないので、とりあえずこの設定ですいません。)

アクションを設定して完了これで温度をアクション条件に家電を操作してくれます。

ペットが居るような家庭では大変便利な機能でしょう。

ついでにアレクサのカメラでペットの状態を見ることもできますから、外出先でも安心ですね。

Alexaで何ができるか?夢が広がります。

今回のSwitchbotとAlexaの連携だけでもかなりのことができるようになりました。

Alexaにはさまざまなスキルを追加できますが、表示のままでもこのくらいのことはできます。

アレクサ、ラジコ  → アプリのRadikoでラジオが聞けます
アレクサ、今日のニュース   → Yahooニュースからいくつかのものが流れます
アレクサ、今日の予定は?   →登録したカレンダーの予定を読み上げてくれます

照明、エアコン、掃除機、テレビなどなど、連携できる家電はたくさんあります。

今後も、他にも何ができるか、生活が便利になる機能を探ってみます。

最新情報をチェックしよう!
>建築士が考える後悔しない家づくり

建築士が考える後悔しない家づくり

あなたが滿足できる住まいを手に入れるために、私は記事を執筆します。私の経験が少しでも有効活用されましたら幸いです。

CTR IMG